ブログ

自力で会う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、本会のグループホーム計画説明会を行いました。
要は、ハウスメーカーの方に集まって頂き、「グループホームを開設するので、その建設をどなたかにお願いします」という選考会です。
有り体の話ですが、初めて会う方には名刺交換をして、交流の第一歩を作ります。
今日のブログは、この出会い方についてです。
深夜のテレビ番組で、婚活の相手を、出会い系のアプリを使って行う人が増えているという話がありました。
自分の相手への希望(身長、職業等)を選択すると、候補者がズラリと登場し興味がある人を選び実際に会ってみるという流れです。
こうしたアプリを使う人は、20代後半から30台が特に多いと言っています。
きっかけ作りには最も適したものに感じますが、果たしてこれでいいのかという疑問です。
正直、上辺だけの情報でどれだけのことが得られるのかが分からないからです。
今回のグループホーム計画説明会には、ホームページなどの上辺だけの情報で来て頂いた方ではありません。
芹川が直接ハウスメーカーに行って話を聴いて関心を持っていただいた方や、ある信頼をおける方からの紹介で電話で問いかけ来て頂いた方々です。
【自力で会う】
というのは、そこまでのプロセスが大事になってきます。そこまでで信頼度・安心度がすでに高まっているのではないでしょうか?
出会い方にもいろいろあるけど・・・・と感じた次第です。

関連記事