ブログ

年度末にすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月31日が終わり、社会福祉法人においては、平成29年度の理事会や評議員会をいつにするか考えてられるのではないでしょうか?
理事会や評議員会では、平成29年度の事業報告及び決算報告があります。
その決算報告においては、年度内に行われた会計に、以下の決算整理を行って決算書を作り上げます。
・預金残高と金融機関の残高証明書との突合
・事業未収金、未収補助金等の確認
・前払金、前払費用の計算期間、算出金額等の確認
・固定資産→減価償却資産について償却費の計上
・借入金と金融機関の借入残高証明書との突合
・預り金、仮受金の確認
などなどありますが、いずれも大事な作業です。
昨日は、福井市の社会福祉法人にてこれらの決算準備をしてきました。
5月の理事会に向け作業が進みます(^_^)
今日は、グループホーム運営に向けて当法人が障害福祉サービス事業を行うための手続きに動き回ってきます。

関連記事